PX68 リベルトピクシー(ダイワ)

PX68 リベルトピクシー(ダイワ)

「ベイトフィネス」という言葉が釣り番組や雑誌で注目を浴び始めた2010年頃、初めてベイトフィネス専用機として発売されたのが、この「PX68 リベルトピクシー」です。

さすがに現行のベイトフィネス専用機と比べると、キャストできる軽量ルアーの限界や飛距離はやや劣るものの、ベイトフィネスに必要な最低限の能力は十分備えている。その為、後に発売された別売のフィネススプールを装着して、今だに現役で使用している釣り人も多く、息の長い人気機種でもある。

現在は生産中止品となっており、入手するにはオークションなど中古市場を利用することになるが、古い機種の為、意外と手頃な値段で入手できることもあり、中古ベイトフィネス専用機としてのコストパフォーマンスは高い。

■総合評価・スペック
本体重量 160g
ベイトリールの中では軽い
定価 41,500円
ベイトフィネスリールの中では平均的な価格
キャスト可能な
ルアーの重さ
5g ~
ある程度のルアーはキャスト可能
キャストのしやすさ
ブレーキ調整
ブレーキシステムが「マグネットブレーキ」の為、初心者でも扱いやすい。ダイヤルブレーキにて調整。
飛距離 軽すぎるルアーの飛距離はやや物足りない
打ち物

ノーシンカー、ネコリグ、スモラバ、ジグヘッドワッキー、テキサスなど

ギア比

 6.8
ギア比「6.8」はハイギアモデル。普通のベイトリールよりも手返しが良い為、打ち物系ルアーに向いている。
巻き物

小型プラグ(ミノー、シャッド、バイブレーション)、スピナーベイトなど

ギア比

 6.8
少しギア比が高めではあるものの、巻き物をゆっくり一定のスピードで巻くことはできる。またノーマルギアに比べて、楽に早巻できるメリットも。
ラインキャパ ナイロン・8lb-100m、10lb-75m
ベイトフィネス専用機としては、巻けるラインの量は多い。その分、軽量ルアーを投げにくくはなるものの、太いラインを巻いたり、遠投が可能。
発売日 2010年4月
メーカーHP DAIWA : PX 68 R/Lリベルトピクシー - Web site
おすすめモデル

打ち物メイン(右利きの場合) →

巻き物メイン(右利きの場合) →

「PX68」と相性の良いロッドはこちらで検索!
※外部サイト(タックルベストチョイス)へジャンプします)
スポンサーリンク