キャスト可能な軽いルアーと重いルアーの限界

ノーシンカーワームやスモラバなどのライトリグの写真

本来、ライトリグを使った釣りがメインの「ベイトフィネス」。その専用機となるベイトフィネスリールですが、基本性能が高い為、非常に幅広い重さのルアーを投げることができます。

では、どこまで軽いルアーを投げられるのか?また、ベイトフィネスの範囲を超えて、どこまで重いルアー投げられるのか?

軽いルアーの限界

軽いルアーの限界は、機種によります。「T3 AIR」「SS AIR」「アルデバランBFS XG LIMITED」など上位のベイトフィネスリールであれば、3g程度のワームも投げることができます。

3インチノーシンカーワームとフックの合計重量を合わせれば、3g程度になるので、ほとんどルアーはキャスト可能という事になります。

重いルアーの限界

対して、重いルアーの限界は明確に決まりがあります。例えば、「T3 AIR」であれば、「16lb以上のライン又は15g以上のルアーのご使用は、このリールの適正使用条件を大きく超えますのでおやめください」と、製品取扱書に記載してあります。

これは、スプールを限界ギリギリまで軽量化したことが原因。耐久性が低くなった為、この範囲を超えたルアーを使用してしまうと、スプールが歪んでしまいます。

では、15g以下のルアーなら何でも投げられるのかというと、今度は「ライン」が影響してきます。例えば『T3 AIR』のラインキャパは、以下の通り↓

■フロロカーボン
ライン強度限界糸巻量推奨糸巻量
6lb50m30m
8lb50m30m
10lb45m30m
12lb40m30m

ラインを巻く溝が浅いシャロースプールになっている為、普通のベイトリールに比べると、糸巻量は約半分です。その為、ラインを太くして重いルアーを投げようとすれば、遠投が難しくなります。また、ラインを細くして巻糸量を増やそうとすれば、今度はキャスト切れやラインブレイクの危険性が高くなります。

それらのバランスを考えると、やはりラインの太さは「8lb」ぐらいがベスト。そして、「8lb」で投げられるルアーは、やはり1/2ozが限界じゃないでしょうか。

それでも、投げられるルアーの幅は「3g~14g」と、こんなに幅広く使えれば十分。陸っぱりなど、あまり多くのタックルを持ち歩きたくない場合にも最適です。

スピニングリールの限界

ちなみに、スピニングリールの上限はどこか?

基本的にスピニングリールは細いラインしか使えません。ラインが太ければ太いほど、頻繁に絡まったり、飛距離が落ちたりと、非常に扱いにくくなります。

バス釣りに最適な小さめのリール(2000番台/2500番台)であれば、フロロ6lbぐらい、投げられるルアーは3/8oz(10g)が限界でしょう。

それに、スピニング用バスロッドには、ベイトロッドのように重いルアーを扱える強靭なロッドがありません。

スポンサーリンク