Revo LT7(アブガルシア)

Revo LT7(アブガルシア)

2017年1月に発売されたアブガルシアのベイトフィネスリール。

LTX-BF8』の下位モデル的な存在で、値段は安くなったが、重量は重くなり、フィネス性能も低くくなっている。

その為、軽すぎるルアーの扱いは期待できないが、カバー打ちから巻き物まで、幅広い釣りに対応できる。

「ベイトフィネスもできるお手頃価格のリール」といったところ。

■総合評価・スペック
本体重量 166g
ベイトリールの中では軽い
定価 25,000円
ベイトフィネスリールの中では安い
キャスト可能な
ルアーの重さ
4g ~
ある程度のルアーはキャスト可能
キャストのしやすさ
ブレーキ調整
ブレーキシステムが「マグネットブレーキ」の為、初心者でも扱いやすい。外部ダイヤルで行えるが、大きなブレーキ設定はサイドカップを開けて、マグネットの個数で設定する必要がある為、やや面倒。
飛距離 平均的な飛距離
打ち物

ノーシンカー、ネコリグ、スモラバ、ジグヘッドワッキー、テキサスなど

ギア比

 7.1
「Revo LT7」はギア比「7.1」のハイギアモデル。普通のベイトリールよりも手返しが良い為、打ち物系ルアーに向いている。
巻き物

小型プラグ(ミノー、シャッド、バイブレーション)、スピナーベイトなど

ギア比

 7.1
少しギア比が高めではあるものの、巻き物をゆっくり一定のスピードで巻くことはできる。またノーマルギアに比べて、楽に早巻できるメリットも。
ラインキャパ 8lb-100m、10lb-80m
ベイトフィネス専用機としては、巻けるラインの量は多い。その分、軽量ルアーを投げにくくはなるものの、太いラインを巻いたり、遠投が可能。
発売日 2017年1月発売
メーカーHP Revo LT7(レボ エルティーセブン)|AbuGarcia(アブ・ガルシア)|釣具の総合メーカー ピュア・フィッシング・ジャパン
おすすめモデル

打ち物メイン(右利きの場合) →

巻き物メイン(右利きの場合) →

スポンサーリンク