ベイトフィネスリールのスプール径とスプール重量

SS AIRのスプールの写真

ラインを巻きつけていく部品「スプール」。ほとんどのリールのスペック表には、このスプールのサイズ(スプール径)が記載されており、互換性のあるスプールへ取り替える際に必要となる数値です。

その為、スプールを交換する予定がなければ、特に気にする必要はありません。

ところが、中にはこのスプール径が大きいか?小さいか?をそのリールの飛距離性能を示したものだと勘違いしてしまう人がいます。

事実上、スプール径が大きければ、スプール一回転あたりのライン放出量は多くなる為、飛距離は伸びます。しかし、そう簡単な話ではありません。

例えば、「T3 AIR」と「エランMTX」を比べた時、スプール径は「エランMTX」の方が大きいですが、飛距離性能は「T3 AIR」の方が断然高いです。

その理由の一つとなるのが、「スプール重量の差」。

■ベイトフィネススプールのスプール径と重量一覧
リール名スプール径スプール重量
T3 AIR32mm約9g
SS AIR32mm約9g
アルファス AIR32mm約9.5g
16アルデバランBFS XG32mm約8g
アルデバランBFS XG LIMITED32mm約9g
Revo LT33mm約8g
Revo LTZ33mm約8g
Revo LTX33mm約8g
PX68 リベルトピクシー31mm約14g
PX68 SPR31mm約12g
カルカッタ コンクエスト 50DC/51DC30mm
エランMTX35mm約15g
アルファス フィネスカスタム33mm約14g

T3 AIRが「約9g」、エランMTXは「約15g」となっており、スプールの重量だけでこれほど差があると、軽いルアーを投げた時の飛距離が大きく違ってきます。

なぜなら、スプールの重量が重いと、スプールを回す為に大きなパワーが必要となってくるのです。大型ルアーであれば、キャスト時に強いパワーでラインが引っ張られ、スプールが高回転し、よく飛んでくれるのですが、ルアーが軽い場合、パワー不足でまともにスプールを回すことができず、ほとんど前へ飛ばすことができません。

その解決策として、ハイエンドモデルのリールでは、スプールを小型化したり、肉抜きしたり、浅溝にしてラインの巻き量を減らすことで、スプールの軽量化を図っています。

特にベイトフィネスリールの場合、この軽いルアーの飛距離は重要なポイントとなる為、スプール径だけでは、そのリールの飛距離性能を見極めることはできません。

スポンサーリンク