エランMTX(テイルウォーク)

エランMTX(テイルウォーク)

ベイトフィネス専用機の中では最も低価格なモデル。製造メーカーの知名度はまだ低いですが、抜群のコストパフォーマンスの高さが評判となり、最近では人気上昇中!

しかし、キャストできる軽量ルアーの限界や飛距離など、ベイトフィネス専用機としての能力は若干もの足りず。入門機として選ぶ場合は、今のところ「Revo LT」を選ぶ方が堅実。

ベイトフィネス専用リールは、高い基本性能を必要とする分、製造コストも高め。その為、ローコストでベイトフィネスの実用レベルまで能力を引き上げることが現段階では難しいが、これからの機種には期待が持てる。

※2016年3月、新モデル「ELAN MTX 10th Anniversary Limited」が発売。

■総合評価・スペック
本体重量 184g
ベイトフィネスリールの中ではやや重め
定価 18,000円
ベイトフィネスリールの中では最も安い
キャスト可能な
ルアーの重さ
7g ~
ライトリグよりも小型プラグ向き
キャストのしやすさ
ブレーキ調整
遠心ブレーキシステムの為、サミング必須。ブレーキ調整はサイドカップを開けて、6段階ダイヤルで調整。
飛距離 ライトリグの飛距離はやや落ちる
打ち物

ノーシンカー、ネコリグ、スモラバ、ジグヘッドワッキー、テキサスなど

ギア比

 7.3
ギア比「6.2」はハイギアモデル。普通のベイトリールよりも手返しが良い為、打ち物系ルアーに向いている。
巻き物

小型プラグ(ミノー、シャッド、バイブレーション)、スピナーベイトなど

ギア比

 7.3
少しギア比が高めではあるものの、巻き物をゆっくり一定のスピードで巻くことはできる。またノーマルギアに比べて、楽に早巻できるメリットも。
ラインキャパ ナイロン・6lb-100m、8lb-80m
ベイトフィネス専用機としては、平均的な巻糸量
発売日 2013年3月
メーカーHP ELAN MTX エランMTX tailwalk.jp
おすすめモデル

打ち物メイン(右利きの場合) →

巻き物メイン(右利きの場合) →

スポンサーリンク