Revo LTX(アブガルシア)

Revo LTX(アブガルシア)

発売当初は売り切れのショップが続出するほど人気があった機種で、後に発売された「Revo LT」「Revo LTZ」のベースになったモデルでもある。

「Revo LT」は、巻き心地に影響するベアリングの数を減らしたり、素材を見直すことでコストダウンを図った「低価格モデル」。「Revo LTZ」は、ブレーキシステムの強化やスーパーシャロースプールを搭載し、更にフィネス性能を向上させた「性能重視モデル」。

それぞれ明確なコンセプトがある中で、「Revo LTX」はこれといった特長もなく、今では目立たない存在になってはいるものの、本体重量は最も軽く、ベイトフィネス専用機として実用レベルの性能は十分備えている。

■総合評価・スペック
本体重量 152g
ベイトリールの中でも最高レベルに軽い
定価 37,700円
ベイトフィネスリールの中では平均的な価格
キャスト可能な
ルアーの重さ
5g ~
ある程度のルアーはキャスト可能
キャストのしやすさ
ブレーキ調整
ブレーキシステムが「マグネットブレーキ」の為、初心者でも扱いやすい。ダイヤルブレーキにて調整。
飛距離 平均的な飛距離
打ち物

ノーシンカー、ネコリグ、スモラバ、ジグヘッドワッキー、テキサスなど

ギア比

 7.9
ギア比「7.9」は超ハイギアモデル。回収スピードが早いので、広い範囲をテンポよく短時間でカバー打ちできる。まさにベイトフィネス向け。
巻き物

小型プラグ(ミノー、シャッド、バイブレーション)、スピナーベイトなど

ギア比

 7.9
超ハイギアモデルは、少しハンドルを動かすだけで大きくルアーが動いてしまう為、ゆっくりと一定のスピードで巻き続けることが難しい。中には、まともに動かなくなるルアーも。
ラインキャパ ナイロン・8lb-100m
ベイトフィネス専用機としては、巻けるラインの量は多い。その分、軽量ルアーを投げにくくはなるものの、太いラインを巻いたり、遠投が可能。
発売日 2011年7月
メーカーHP REVO LTX (レボ LTX)|AbuGarcia(アブ・ガルシア)
おすすめモデル

超ハイギアタイプの為、利き手とは反対のハンドルを打ち物メインに使用するのがオススメです。右利きの場合↓

「Revo LTX」と相性の良いロッドはこちらで検索!
※外部サイト(タックルベストチョイス)へジャンプします)
スポンサーリンク