T3 AIR(Daiwa)

T3 AIR(Daiwa)

ベイトフィネスリールの中では、性能No.1!他の機種に比べて、軽いルアーを最もスムーズにより遠くへ飛ばすことができます。

今まで「軽いルアーはスピニングリール」と言われてきましたが、その常識を覆し、今や「スピニングリールよりも飛ぶベイトリール」として、「ベイトフィネス」という新しい釣りのスタイルを定着させた立役者でもあります。

しかし価格は5万円強と、バス釣り用のベイトリールとしてはかなり高額です。

もちろん、値段以上のパフォーマンスを秘めてはいるのですが、それを最大限引き出すには「T3 AIR」の細かいブレーキ調整を使いこなす必要があります。その為には、釣りの経験や知識を元にした感覚が必要となりますので、どちらかと言えば上級者向けのリールです。

■総合評価・スペック
本体重量 160g
ベイトリールの中では軽い
定価 58,000円
ベイトフィネスリールの中では高め
キャスト可能な
ルアーの重さ
1g ~
ほぼ全てのルアーがキャスト可能
キャストのしやすさ
ブレーキ調整
元々のブレーキシステムが高性能の為、他機種よりバックラッシュしにくい。初心者は「MAX BREAK」「ALL ROUND」「LONG CAST」の3つのブレーキモードを中心にブレーキ設定を行えば、軽いルアーも簡単にキャストできる。中級者以上は、さらに細かく「20段階のダイヤル調整」を加えて行うことで、より軽いルアーを遠くに飛ばすことができる。
飛距離 細かいブレーキ設定ができるので、ルアーにアジャストして飛距離を最大限伸ばすことができる。
打ち物

ノーシンカー、ネコリグ、スモラバ、ジグヘッドワッキー、テキサスなど

ギア比

 8.6
型式「8.6R-TW」「8.6L-TW」は、ギア比「8.6」の超ハイギアモデル。回収スピードが早いので、広い範囲をテンポよく短時間でカバー打ちできる。まさにベイトフィネス向け。

ギア比

 6.8
型式「6.8R-TW」「6.8L-TW」は、ギア比「6.8」のハイギアモデル。超ハイギアモデルには敵わないものの、手返しは普通のベイトリールよりも良い為、打ち物系ルアーに向いている。
巻き物

小型プラグ(ミノー、シャッド、バイブレーション)、スピナーベイトなど

ギア比

 8.6
超ハイギアモデルは、少しハンドルを動かすだけで大きくルアーが動いてしまう為、ゆっくりと一定のスピードで巻き続けることが難しい。中には、まともに動かなくなるルアーも。

ギア比

 6.8
少しギア比が高めではあるものの、巻き物をゆっくり一定のスピードで巻くことへの影響はない。またノーマルギアに比べて、楽に早巻できるメリットも。
ラインキャパ フロロカーボン・8lb-50m
軽量ルアー向けに特化している為、巻けるラインの量は少なめ。太いラインを巻いた遠投には不向き。
発売日 2012年8月
メーカーHP DAIWA : T3 AIR - Web site
おすすめモデル

打ち物メイン(右利きの場合) →

巻き物メイン(右利きの場合) →

「T3 AIR」と相性の良いロッドはこちらで検索!
※外部サイト(タックルベストチョイス)へジャンプします)
スポンサーリンク