PX68 SPR(ダイワ)

PX68 SPR(ダイワ)

PX68 リベルトピクシー」がライトリグ向けのベイトフィネス専用機とすれば、この「PX68 SPR」は小型プラグ向けのベイトフィネス専用機。「SPR」は「スモール・プラグ・レボリューション」の略で、村上晴彦プロ監修の元、PX68を小型プラグ向けに改良されたモデルです。

その特長は、釣り人自身のキャスト技術やセッテイング次第で、投げることができる軽量ルアーの限界や飛距離に大きく差が出る「遠心ブレーキシステム」を採用していること。その為、ライトリグなどあまりにも軽いルアーは、バックラッシュしやすく投げづらいですが、軽めのプラグでれば、より遠くへ飛ばすことができます。

こちらも「PX68 リベルトピクシー」と同様、現在は生産中止品。入手方法は、オークションや中古釣具店を探すことになるが、古い機種の為、意外と手頃な値段で入手できることもあり、中古ベイトフィネス専用機としてのコストパフォーマンスは高い。

■総合評価・スペック
本体重量 150g
ベイトリールの中でも最高レベルに軽い
定価 50,000円
ベイトフィネスリールの中ではやや高め
キャスト可能な
ルアーの重さ
5g ~
ある程度のルアーはキャスト可能
キャストのしやすさ
ブレーキ調整
遠心ブレーキシステムの為、サミング必須。ブレーキ調整は「大・中・小」のブレーキシューを取り替えて設定する必要がある為、面倒。
飛距離 平均的な飛距離
打ち物

ノーシンカー、ネコリグ、スモラバ、ジグヘッドワッキー、テキサスなど

ギア比

 6.8
ギア比「6.8」はハイギアモデル。普通のベイトリールよりも手返しが良い為、打ち物系ルアーに向いている。
巻き物

小型プラグ(ミノー、シャッド、バイブレーション)、スピナーベイトなど

ギア比

 6.8
少しギア比が高めではあるものの、巻き物をゆっくり一定のスピードで巻くことはできる。またノーマルギアに比べて、楽に早巻できるメリットも。
ラインキャパ ナイロン・6lb-100m、8lb-80m
ベイトフィネス専用機としては、平均的な巻糸量
発売日 2011年3月
メーカーHP DAIWA : PX 68 SPR - Web site
おすすめモデル

巻き物向けのリールの為、利き手側のハンドルがオススメです。右利きの場合↓

スポンサーリンク