Revo LT / Revo LT 6(アブガルシア)

Revo LT / Revo LT 6(アブガルシア)

Revo LTXの下位モデル。SS AIRアルデバランBFSに比べると、キャストできる軽量ルアーの限界や飛距離などは劣るものの、ベイトフィネス専用機としては十分実用レベル。

その上、購入価格も二万円程度とベイトフィネス専用機の中でもローコストの為、ベイトフィネス入門機としても最適!

また、自分自身でマグネットブレーキを強化したり、社外品の替えフィネススプールを取り付けるなど、改造パーツやチューン情報も豊富な為、自分だけのリールカスタムを楽しむことができる。

■総合評価・スペック
本体重量 174g
ベイトリールの中では軽い
定価 27,500円
ベイトフィネスリールの中では安い
キャスト可能な
ルアーの重さ
5g ~
ある程度のルアーはキャスト可能
キャストのしやすさ
ブレーキ調整
ブレーキシステムが「マグネットブレーキ」の為、初心者でも扱いやすい。ダイヤルブレーキにて調整。
飛距離 平均的な飛距離
打ち物

ノーシンカー、ネコリグ、スモラバ、ジグヘッドワッキー、テキサスなど

ギア比

 7.1
「Revo LT」はギア比「7.1」のハイギアモデル。普通のベイトリールよりも手返しが良い為、打ち物系ルアーに向いている。

ギア比

 6.4
「Revo LT 6」はギア比「6.4」のノーマルギアモデル。ルアー回収スピードが遅いため、打ち物系はテンポが悪く、時間効率が悪い。
巻き物

小型プラグ(ミノー、シャッド、バイブレーション)、スピナーベイトなど

ギア比

 7.1
少しギア比が高めではあるものの、巻き物をゆっくり一定のスピードで巻くことはできる。またノーマルギアに比べて、楽に早巻できるメリットも。

ギア比

 6.4
ゆっくり一定のスピードで巻いたり、早巻きしたりと、幅広い巻き物ルアーの動きに対応できる。
ラインキャパ フロロカーボン・8lb-100m
ベイトフィネス専用機としては、巻けるラインの量は多い。その分、軽量ルアーを投げにくくはなるものの、太いラインを巻いたり、遠投が可能。
発売日 【Revo LT】 2012年4月、 【Revo LT 6】 2015年1月
メーカーHP REVO LT (レボ LT)|AbuGarcia(アブ・ガルシア)
Revo LT 6 (レボLT シックス)|AbuGarcia(アブ・ガルシア)
おすすめモデル

打ち物メイン(右利きの場合) →

巻き物メイン(右利きの場合) →

スポンサーリンク