スコーピオンBFS XG(シマノ)

スコーピオンBFS XG(シマノ)

バス釣りやってて知らない人はいないであろうシマノの超人気ベイトリール『スコーピオン』。

手頃な値段で買えて、性能も良く、ボディデザインもカッコイイことから、幅広い釣り人から支持されているシリーズです。

そして、2017年5月。

ついに、その『スコーピオン』にベイトフィネス専用モデル『スコーピオンBFS XG』が発売されました。

ブレーキシステムに、『16アルデバランBFS』や『カルカッタコンクエストBFS』と同じFTBを採用している為、フィネス性能はかなり高い。

16アルデバランBFSの下位モデル的なポジションになるので、巻き心地や耐久性こそ劣るものの、シマノのベイトフィネス機としては最安値。

■総合評価・スペック
本体重量 165g
ベイトリールの中では軽い
定価 35,000円
ベイトフィネスリールの中ではやや安い
キャスト可能な
ルアーの重さ
3g ~
ほとんどのルアーがキャスト可能
キャストのしやすさ
ブレーキ調整
ブレーキシステムが「マグネットブレーキ」の為、初心者でも扱いやすい。ブレーキの微調整は外部ダイヤルで簡単に行える。大きなブレーキ値の調整は、サイドカップを開けてマグネットの個数で設定する必要がある。
飛距離 マグネットブレーキでありながらも、軽量ルアーが気持ち良く飛ぶ
打ち物

ノーシンカー、ネコリグ、スモラバ、ジグヘッドワッキー、テキサスなど

ギア比

 6.3
× ノーマルモデルは、ギア比が「6.3」と低いので、回収スピードが遅く手返しも悪い為、打ち物系ルアーには向いていない。

ギア比

 8.2
XGモデルは、ギア比「8.2」と超ハイギアなので、回収スピードが早く、広い範囲をテンポよく短時間でカバー打ちできる。まさにベイトフィネス向け。
巻き物

小型プラグ(ミノー、シャッド、バイブレーション)、スピナーベイトなど

ギア比

 6.3
ギア比「6.3」のノーマルモデルは、ハイギアモデルでは不可能な非常にゆっくりなスピードで巻くことができる為、巻き系ルアーに非常に適している。

ギア比

 8.2
× ギア比「8.2」と超ハイギアのXGモデルは、少しハンドルを動かすだけで大きくルアーが動いてしまう為、ゆっくりと一定のスピードで巻き続けることが難しい。中には、まともに動かなくなるルアーも。
ラインキャパ フロロカーボン・8lb-45m
軽量ルアー向けに特化している為、巻けるラインの量は少なめ。太いラインを巻いた遠投には不向き。
発売日 2017年5月
メーカーHP スコーピオン BFS[Scorpion BFS]シマノ -SHIMANO-
おすすめモデル

巻き物メイン(右利きの場合) →

打ち物メイン(右利きの場合) →

スポンサーリンク