カルカッタ コンクエスト 50DC/51DC(シマノ)

カルカッタ コンクエスト 50DC/51DC(シマノ)

現在主流のベイトリールとは一味違う形をした「丸型リール」。このクラシカルなボディデザインに魅了される人も多く、昔から定着したファンが多い人気のシリーズです。

丸型リールは、金属の塊から削りだして作られたフレームにより、非常に強い剛性と重量感を特長としています。その為、大きい魚やビッグベイトなどの大型ルアーを使う釣りに適しているとされています。

ところが、この「カルカッタコンクエスト 50DC/51DC」では、スプールの小型化・デジタルコントロールブレーキシステム(DC)を搭載することで、軽量ルアーにも対応しています。

しかし、キャストできる軽量ルアーの限界や飛距離など、ベイトフィネス機としての性能は他機種に劣る部分が多い為、どちらかと言うと、性能よりも見た目重視のリールです。

2017年2月、ベイトフィネス専用のカルコン『カルカッタコンクエストBFS HG』が発売されることになりました。

■総合評価・スペック
本体重量 × 230g
ベイトフィネスリールの中では非常に重い
定価 × 66,200円
ベイトフィネスリールの中では非常に高い
キャスト可能な
ルアーの重さ
6g ~
ライトリグよりも小型プラグ向き
キャストのしやすさ
ブレーキ調整
ブレーキシステムが「DCブレーキ」の為、初心者でも扱いやすい。4つのブレーキモードをダイヤルで設定。
飛距離 ライトリグの飛距離はやや落ちる
打ち物

ノーシンカー、ネコリグ、スモラバ、ジグヘッドワッキー、テキサスなど

ギア比

 6.2
ギア比「6.2」はノーマルギアモデル。回収スピードが遅いので、手返しが悪く、打ち物系ルアーにはあまり向いていない。
巻き物

小型プラグ(ミノー、シャッド、バイブレーション)、スピナーベイトなど

ギア比

 6.2
ノーマルギアモデルは、巻き物ルアーをゆっくり一定のスピードで巻くことできる。
ラインキャパ ナイロン・6lb-140m、8lb-105m、10lb-90m、12lb-70m
ベイトフィネス専用機としては、巻けるラインの量は多い。その分、軽量ルアーを投げにくくはなるものの、太いラインを巻いたり、遠投が可能。
発売日 2011年4月
メーカーHP カルカッタコンクエスト 50DC/51DC / 100DC/101DC / 200DC/201DC [CALCUTTA CONQUEST]|両軸リール|リール|製品情報|シマノ -SHIMANO-
おすすめモデル

ノーマルギアタイプの為、利き手側の右ハンドルを巻き物メインに使用するのがオススメです。右利きの場合↓

スポンサーリンク