アルデバランMGL(シマノ)

アルデバランMGL(シマノ

軽量ルアー専用リールとして地位を確立しているシマノの『アルデバラン』

その最新モデルとして2018年3月に発売。

同時期に発売されたシマノの『SV ライト リミテッド』とコンセプトは同じだが、軽さ・パワーは『アルデバランMGL』の方が上。

ベイトフィネス専用機ではない為、超軽量級ルアーは扱えないものの、軽量級から中量級ルアーを使った幅広い釣りに対応できる。

ラインキャパが大きい為、太いラインを巻いて濃いカバーを打つ『パワーベイトフィネス』にも最適。

■総合評価・スペック
本体重量 135g
ベイトリールの中で最高レベルに軽い
定価 45,300円
ベイトフィネスリールの中では平均的な価格
キャスト可能な
ルアーの重さ
5g ~
ある程度のルアーはキャスト可能
キャストのしやすさ
ブレーキ調整
遠心ブレーキシステムの為、サミング必須。ブレーキの微調整は外部ダイヤルで簡単に行える。大きなブレーキ値の調整は、サイドカップを開けてマグネットの個数で設定する必要がある。
飛距離 伸びがあり、綺麗な低弾道で遠くまで飛んで行く
打ち物

ノーシンカー、ネコリグ、スモラバ、ジグヘッドワッキー、テキサスなど

ギア比

 6.5
ギア比「6.5」はノーマルギアモデル。巻き物・打ち物系ルアー共にバランスよく使える。

ギア比

 7.4
ギア比「7.4」は超ハイギアモデル。回収スピードが早く、広い範囲をテンポよく短時間でカバー打ちできる。
巻き物

小型プラグ(ミノー、シャッド、バイブレーション)、スピナーベイトなど

ギア比

 6.5
ギア比「6.5」はノーマルギアモデル。巻き物・打ち物系ルアー共にバランスよく使える。

ギア比

 7.4
× 少しハンドルを動かすだけで大きくルアーが動いてしまう為、ゆっくりと一定のスピードで巻き続けることが難しい。中には、まともに動かなくなるルアーも。
ラインキャパ ナイロン・8lb-100m、10lb-90m、12lb-65m
ベイトフィネス用としては、巻けるラインの量は非常に多い。太いラインを巻いたり、遠投が可能。
発売日 2018年3月
メーカーHP アルデバランMGL [ALDEBARAN MGL]|両軸リール|リール|製品情報|シマノ -SHIMANO-
おすすめモデル

巻き物メイン(右利きの場合) →

打ち物メイン(右利きの場合) → アルデバランMGL 31 HG LEFT 7.4(左)

スポンサーリンク