『Revo LX992Z(アブガルシア)』の総合評価

2020年9月発売のベイトフィネスリール最新モデル。

今江克隆プロ監修。

Revo LTZ(2014年発売)の後継機。

アルミフレームによってデザインされたことで、フレーム剛性が高く、長い年月使ってもキャスト精度やリール品質を保つことができます。

特に注目となるのが、PEラインを扱えること。

ベイトフィネスリールの多くは、軽いルアーもキャストできるようスプールをできる限り軽くする為、薄く軽い素材で作られています。

その為、強度は高くありません。

普通に使う分には何の心配もないのですが、問題はPEラインを巻いた時。

例えば根がかりを外す際、PEラインを巻いていると、引っ張ってもなかなかラインが切れません。

その為、リールに掛かる負担が大きく、スプールを歪めてしまう場合があります。

スプールが歪めば、正常に回転しなくなるので、パフォーマンスが落ちたり、異音がしたり、最悪の場合、キャストすらできない状態になってしまいます。

よってPEラインを扱うには、この「LX992Z」のようにフレーム剛性があるベイトフィネスリールである必要があります。

なお「LX992Z」にはスペアでミドルスプールも付属しているので、ベイトフィネス以外の釣りに対応可能です。

最安値・レビューをチェック

Revo LX992Zのスペック表

本体重量 160gベイトリールの中では軽いです。⇒ ランキング
定価 45,400円ベイトフィネスリールの中では平均的な価格です。⇒ ランキング
キャスト可能な
ルアーの重さ
4g ~ある程度のルアーはキャスト可能です。⇒ ランキング
キャストのしやすさ
ブレーキ調整
ブレーキシステムが「マグネットブレーキ」の為、初心者でも扱いやすい。ルアーの重量に関係なく、フルキャストしたい時はキャスティングモードへ、正確なキャストを決めたい時はピッチングモードへダイヤル調整を行います。
飛距離 平均的な飛距離です。
打ち物 ギア比「8.0」は、標準よりも非常にギア比の高い超ハイギアタイプ。回収スピードが早いので、広い範囲をテンポよく短時間でカバー打ちできる。まさにベイトフィネス向けです。
巻き物 ギア比「8.0」の超ハイギアモデルは、少しハンドルを動かすだけで大きくルアーが動いてしまう為、ゆっくりと一定のスピードで巻き続けることが難しい。中には、まともに動かなくなるルアーもあります。
ラインキャパ メインスプール:8lb-100m、10lb-80m
スペアスプール:12lb-100m、14lb-85m、16lb-75m
ベイトフィネス専用機としては、巻けるラインの量は非常に多い。その分、軽量ルアーを投げにくくはなるものの、太いラインを巻いたり、遠投が可能です。
発売日 2020年9月発売⇒ ランキング
メーカーHP

おすすめモデル

超ハイギアタイプの為、利き手とは反対のハンドルを打ち物メインに使用するのがオススメです。右利きの場合 → レボ LX992Z-L(左)