フルレンジBF(tailwalk)

フルレンジBF(tailwalk)

2018年2月に発売されたテイルウォークの新ベイトフィネスリール。

2016年3月に発売された『エランMTX』の後継機と言ってもいいだろう。

テイルウォークの製品は「安さ」が売りの為、初心者にオススメされることも多い。

しかし、今回のモデルは間違いなく熟練者向け。

ブレーキの強弱調整は、大・小、大きさが異なるブレーキシューの交換のみ。

ブレーキシステムは、遠心ブレーキの為、サミングが必須となる。

言うならば、何も機能が搭載されていない超マニュアルなベイトフィネス特化型リール。

どこまで能力を発揮できるかは、使い手次第となる。

■総合評価・スペック
本体重量 165g
ベイトリールの中では軽い
定価 22,000円
ベイトフィネスリールの中では非常に安い
キャスト可能な
ルアーの重さ
4g ~
ある程度のルアーはキャスト可能
キャストのしやすさ
ブレーキ調整
遠心ブレーキシステムの為、サミング必須。ブレーキ調整はサイドカップを開けて、大・小、大きさが異なるブレーキシューを交換する。
飛距離 平均的な飛距離
打ち物

ノーシンカー、ネコリグ、スモラバ、ジグヘッドワッキー、テキサスなど

ギア比

 8.1
ギア比「8.1:1」は超ハイギアモデル。回収スピードが早いので、広い範囲をテンポよく短時間でカバー打ちできる。まさにベイトフィネス向け。
巻き物

小型プラグ(ミノー、シャッド、バイブレーション)、スピナーベイトなど

ギア比

 8.1
超ハイギアモデルは、少しハンドルを動かすだけで大きくルアーが動いてしまう為、ゆっくりと一定のスピードで巻き続けることが難しい。中には、まともに動かなくなるルアーも。
ラインキャパ 8lb-70m
ベイトフィネス用としては、巻けるラインの量はやや多い。太いラインを巻いたり、遠投が可能。
発売日 2018年2月
メーカーHP FULLRANGE BF フルレンジBF tailwalk.jp
おすすめモデル

(右利きの場合)

スポンサーリンク