スティーズ AIR TW(Daiwa)

スティーズ AIR TW(Daiwa)

2020年1月発売されたダイワの新ベイトフィネスリール『スティーズ AIR TW』

『スティーズ』という名前は、Daiwaの中で頂点に位置付けられ、最高峰のモデルにしか付けられないブランドです。

その名の通り、性能は今まで発売されたベイトフィネスリールの中で間違いなくNo.1!

このリールの「何が凄いのか?」というと、今までのベイトフィネスリールが諦めてきたことを完全にクリアしてしまったことなんです。

基本的にベイトフィネスリールというのは、

「軽いルアーを投げられるような設計にすればするほど、繊細なブレーキ調整が必要になる」

という問題を抱えています。

だから、「フィネス性能を取るのか?」それとも、「キャスト時のストレスの少なさを取るか?」で、モデルが二極化されていました。

例えば、『SS AIR』は、軽いルアーをキャストできる性能よりも、ブレーキ調整やバックラッシュなどのキャスト時のストレスの少なさに焦点を置いたリールです。

対して、『T3 AIR』は、ルアーごとに繊細なブレーキ調整が必要だけれども、どんなに軽いルアーもキャストできるフィネス性能に焦点を置いたリール。

そして、この『スティーズ AIR』は、キャスト時のストレスがないのに、フィネス性能も抜群に高い完璧なリールなんです。

唯一、「値段が高い」という欠点こそあるものの、その価値は十分にあります。

■総合評価・スペック
本体重量 135g
ベイトリールの中では最高レベルに軽い
定価 × 68,000円
ベイトフィネスリールの中では最も高い
キャスト可能な
ルアーの重さ
1g ~
ほぼ全てのルアーがキャスト可能
キャストのしやすさ
ブレーキ調整
元々のブレーキシステムが高性能の為、他機種よりバックラッシュしにくい。ブレーキ調整は「20段階のマグダイヤル」で行う。
飛距離 マグネットブレーキでありながらも、軽量ルアーが気持よく飛ぶ
打ち物

ノーシンカー、ネコリグ、スモラバ、ジグヘッドワッキー、テキサスなど

ギア比

 6.8
ギア比「6.8」はハイギアモデル。普通のベイトリールよりも手返しが良い為、打ち物系ルアーに向いている。

ギア比

 9.1
ギア比「9.1」は超ハイギアモデル。回収スピードが早く、広い範囲をテンポよく短時間でカバー打ちできる。
巻き物

小型プラグ(ミノー、シャッド、バイブレーション)、スピナーベイトなど

ギア比

 6.8
少しギア比が高めではあるものの、巻き物をゆっくり一定のスピードで巻くことはできる。またノーマルギアに比べて、楽に早巻できるメリットも。

ギア比

 9.1
× 少しハンドルを動かすだけで大きくルアーが動いてしまう為、ゆっくりと一定のスピードで巻き続けることが難しい。中には、まともに動かなくなるルアーも。
ラインキャパ 6lb-45m、8lb-45m、
軽量ルアー向けに特化している為、巻けるラインの量は少なめ。太いラインを巻いた遠投には不向き。
発売日 2020年1月
メーカーHP DAIWA : スティーズ AIR TW - Web site
おすすめモデル

中途半端に色々投げれる6.8ギアを選ぶより、9.1の超ハイギアモデルをベイトフィネス専用タックルとして使うのが、このリールの特徴を一番生かせる。

スポンサーリンク