スティーズ AIR TW(Daiwa)

スティーズ AIR TW(Daiwa)

2020年1月発売予定のダイワの新ベイトフィネスリール。

Daiwaの中で頂点に位置付けられている最高峰のブランド『スティーズ』のリールなので、実際に使わなくても分かります。

間違いなく、今まで発売されたベイトフィネスリールの中で最高レベルの性能を備えています。

本体重量も軽いですし、フィネス性能も申し分ないでしょう。

問題は、そのお値段。

ベイトフィネス、過去最高額です。

4万円で買える同じDaiwaのベイトフィネスリール『SS AIR』でも十分なフィネス能力を備えていることもあり、今回の『スティーズ AIR TW』は、些細なストレスさえも許さない『プロ仕様』といったところか。

■総合評価・スペック
本体重量 135g
ベイトリールの中では最高レベルに軽い
定価 × 68,000円
ベイトフィネスリールの中では最も高い
キャスト可能な
ルアーの重さ
キャストのしやすさ
ブレーキ調整
飛距離
打ち物

ノーシンカー、ネコリグ、スモラバ、ジグヘッドワッキー、テキサスなど

ギア比

 6.8
ギア比「6.8」はハイギアモデル。普通のベイトリールよりも手返しが良い為、打ち物系ルアーに向いている。

ギア比

 9.1
ギア比「9.1」は超ハイギアモデル。回収スピードが早く、広い範囲をテンポよく短時間でカバー打ちできる。
巻き物

小型プラグ(ミノー、シャッド、バイブレーション)、スピナーベイトなど

ギア比

 6.8
少しギア比が高めではあるものの、巻き物をゆっくり一定のスピードで巻くことはできる。またノーマルギアに比べて、楽に早巻できるメリットも。

ギア比

 9.1
× 少しハンドルを動かすだけで大きくルアーが動いてしまう為、ゆっくりと一定のスピードで巻き続けることが難しい。中には、まともに動かなくなるルアーも。
ラインキャパ 6lb-45m、8lb-45m、
軽量ルアー向けに特化している為、巻けるラインの量は少なめ。太いラインを巻いた遠投には不向き。
発売日 2020年1月
メーカーHP DAIWA : スティーズ AIR TW - Web site
おすすめモデル

中途半端に色々投げれる6.8ギアを選ぶより、9.1の超ハイギアモデルをベイトフィネス専用タックルとして使うのが、このリールの特徴を一番生かせる。

スポンサーリンク