パワーベイトフィネスとは?ベイトフィネスとの違い

ラインの写真

最近、『SV ライト リミテッド』『アルデバランMGL』のように、今までとは少し違ったベイトフィネス対応のリールが発売されています。

一体、何が違うのか?

また、これらのリールは『パワーベイトフィネス』に適してると言われています。

パワーベイトフィネスとは?

パワーベイトフィネスとは、カンタンに言うと、今までのベイトフィネスリールよりもラインキャパシティ(リールに巻けるラインの量)が大きいリールを使う新しい釣りスタイルです。

ラインキャパが大きいと、ラインの巻き量を増やせるだけでなく、より太いラインを巻くことができます。

頑丈な太いラインを巻けば、ベイトフィネスでも攻められれないような、もっと濃いカバーを攻められるし、もっと重たいルアーを扱えるようになるわけです。

なぜ、パワーベイトフィネスが生まれたのか?

元々、ベイトフィネスリールは、ライトリグで濃いカバーを攻めるために生まれたものです。

普通のベイトリールでは飛ばせない超軽量ルアーも扱えて、スピニングリールよりも太いラインが扱える革新的なリールとして。

ベイトフィネスリールのメリット・デメリット

ところが最近、「ベイトフィネスリールで、もっと太いラインが使いたい」というニーズが増えてきたんです。

普通のベイトリールよりも軽いルアーが投げれて、今までのベイトフィネスリールよりも太いラインが巻けるリール。

つまり、ベイトリールとベイトフィネスリールの中間です。

普通のベイトリールではダメな理由

ベイトリールで軽いルアーを飛ばす為には、構造上、スプールを軽くしなければなりません。

重いルアーの場合は、スプールが重くても、キャストした時の強いパワーがラインを引っ張り、スプールを高回転させることできます。

ところが軽いルアーの場合は、パワー不足でまともにスプールを回すことができず、ほとんど前へ飛ばすことができないのです。

だから、できるだけスプールを軽くする為に、穴抜きしたり、小さくしたりするわけですが、スプールが小さくなればラインキャパも減ってしまいます。

その為、「細いラインを使うか?」それとも「ラインの巻き量を減らすか?」どちらかの選択を迫られます。

ラインを細くすれば、キャスト切れしてしまうような重いルアーが使えません。

ラインの巻き量を減らせば、遠くに飛ばせなくなります。

でも、もしラインキャパを減らさずに軽いルアーが投げられるリールがあれば・・・

そして生まれたのが、『SV ライト リミテッド』や『アルデバランMGL』のような軽いルアーも投げられて、ラインキャパが大きいリールです。

パワーベイトフィネスの欠点

それなら「もう今までのベイトフィネスリールは要らないじゃないか?」と言いたいところですが・・・

そうはいきません。

ラインキャパを増やした代わりに、今までのベイトフィネスリールのような超軽量ルアーは投げることができなくなりました。

あくまで、超軽量ルアーを犠牲にして、中量級ルアーを扱えるようにシフトしただけです。

『ベイトフィネス』は、軽量ルアーに特化した釣り。

『パワーベイトフィネス』は、軽いルアーを中心に幅広いルアーに対応した釣り。

それぞれ用途によって使い分けが必要です。

スポンサーリンク