ベイトフィネスタックルは必要か?不要か?

T3 SVの写真

「ベイトフィネス」という言葉は、流行りだした当初から何かと物議を醸しています。「メーカーが新しいリールを売りたいがための戦略だ」「ハードカバーでフィネスな釣りはスピニングでもできる」などなど…今も必要か?不要か?の論争は続いています。

私もはじめの頃は「ベイトフィネスタックルなんていらない派」でした。

実際、ハードカバーにぶち込む時はベイトリールにテキサスリグで十分でしたし、フロータやアルミボートに乗っている時は「根がかったら外しに行けばいいや」ぐらいの気持ちで、スピニングのまま攻めてました。

ベイトリールの進化の凄さを体感して、気が変わり始める

気持ちが変わりはじめたのは、オールラウンダー性の高い「T3 SV」というリールを使ってからです。

試し投げとばかりに3インチセンコーノーシンカーをつけてキャストしてみたら、意外と飛ぶのです。ベイトリールでこんなに軽いルアーが投げれるようになったのか…と感心しました。

そして、これが非常に便利だという事に気付きます。

今までスピニングで投げてたルアーもT3でまかなえるようになった為、急にタックルの選択肢が広がったのです。

ベイトフィネスリールで広がるタックルセッティング

例えば、今までは↓のように、スピニングかベイトかによって、どのルアーを組み合わせて使うかがほぼ決まっていました。

スピニングタックル
→ ワーム? ミノー?
ベイトタックル
→ クランク? スピナベ?

それが、T3になると↓のように広がるわけです。

スピニングタックル
→ ワーム? ミノー?
ベイトタックル(T3)
→ ミノー? クランク? スピナベ?

今まではスピニングの範囲だったミノーをベイトでも扱えるようになった為、幅広い組み合わせができるようになりました。まさに変幻自在!そして、この良さを知ってしまうと、次はもっと広げたくなるわけです↓

スピニングタックル
→ ワーム? ミノー?
ベイトタックル(?)
→ ワーム? ミノー? クランク? スピナベ?

そう、この欲望を叶えてくれたのが「ベイトフィネスリール」でした。

ベイトフィネスリールは優秀なオールラウンダー

特にこのベイトフィネスタックルの良さが伝わるのが、陸っぱりの時。

今まで、ライトリグ用のスピニングタックル1本とプラグ用のベイトリールを1本、合わせて2本を持ち歩いていましたが、これが非常に煩わしい。

それが、今ではミディアムライトのロッドにベイトフィネスリールを組み合わせたタックル一本しか持って行きません。

また、フローターやアルミボートでも詰めるロッド数にはも限界があるので、同じように他のタックルの代わりとなって大活躍してくれてます。

いるか?いらないか?に結論付けるのは難しいですが、あると非常に便利ですよ!

スポンサーリンク