ハイギア?超ハイギア?ベイトフィネスリールのギア比の違い

ベイトリール内部のギアの写真

ベイトリールにはさまざまな種類のギア比があり、ベイトフィネスリールは通常のベイトリールよりもギア比が高いものが多いです。それでは、「ギア比が違うと何が違うのか?」について解説します。

ギア比とは?

例えば、ベイトフィネスリールに多い「8.1(8.1:1)」というギア比は、ハンドル一回転でスプールが8.1回転することを示しています。普通のベイトリールに多い「6.3(6.3:1)」というギア比は、ハンドル一回転でスプールが6.3回転します。

つまり、6.3というギア比よりも、7.1というギア比の方が、ハンドル一回転させたときに巻き取れるラインの量が1.3倍くらい多くなります。

ハイギアリールのメリット

「7.1(ハイギア)」や「8.1(超ハイギア)」といったギア比が高いリールは、ラバージグやネコリグなどで狙いのポイントを撃ち、反応が無ければすぐにルアーを回収する。というようなテンポの早い釣りをする際に有効です。

余計な道中も早いスピードでラインを巻き取ることができるので、ロスを防ぎ、限られた時間の中でより多くのポイントを撃つことができます。

また、ラインふけも一気に巻き上げることができるので、着水直後のバイトにも即座にフッキングできますし、カバーや障害物付近から素早く魚を引き出すことができます。

ハイギアリールのデメリット

対してハイギアリールの欠点は、変速ギアの付いた自転車を漕ぐ時のことを思い出してもらうと分かりやすいです。

例えば、自転車で平な道を走る時、できるだけ早いスピードで進もうとすれば、ギア比は最大まで上げたいですよね?しかし、ギア比を上げるにつれてペダルを回すには強い力が必要となります。

この状態が、ハイギアリールです。

ラインを巻き取るスピードは早くなりますが、ハンドルが重くなります。その為、長時間、スピナーベイトなどの巻き物を投げ続けていると非常に腕が疲れます。

では、次に自転車の前カゴにボーリング玉を入れてみましょう。更にペダルを漕ぐのが辛くなったはずです。

これが、ハイギアリールにバスが掛かった状態です。

巻き上がるのが大変ですね。また、重いルアーや引き抵抗の重いルアーを扱う時も同じ状態になります。ハイギアリールはトルク力が無いと言われる所以でもあります。

ベイトフィネスリールはデメリット知らず?

ところが、実際にはハイギアのベイトフィネスリールを使っていると、これらのデメリットを感じることがないんです。

そもそもベイトフィネスリールでは、重量級のルアーや引き抵抗の重いルアーを扱うことできません。説明書にも「15g以上のルアーのご使用はおやめください」等の注意書きがあります。

これは、最大限軽量化されたスプールに原因があり、あまり強い力を加えてしまうと、スプールが歪んでしまう可能性がある為です。

SS AIRの軽量化されたベイトフィネススプールの写真

軽いスプールと軽いルアーで巻き抵抗が減り、ハンドルの重さは相殺されているんだと思います。

またバスを巻き上げる力に関しても、元々パワーのあるベイトリールですから、十分事足りていますし、ファイト中は引き上げるのに一生懸命ですから、「パワー足りないわ~」なんて感じてる余裕もないんですよね。

【追記】ローギアモデルのベイトフィネスリールが登場!

ハイギアのベイトフィネスリール一覧

SS AIR
→ 8.1(超ハイギア)
T3 AIR
→ 8.6(超ハイギア)、6.8(ハイギア)
アルファス AIR
→ 7.2(ハイギア)
16アルデバランBFS XG
→ 8.0(超ハイギア)
アルデバランBFS XG LIMITED
→ 8.0(超ハイギア)
Revo LT
→ 7.1(ハイギア)
Revo LT 6
→ 6.4(ノーマルギア)
Revo LTZ AE74-Racing
→ 8.0(超ハイギア)
Revo LTZ AE74-Racing Limited7
→ 7.1(ハイギア)
PX68 リベルトピクシー
→ 6.8(ハイギア)
PX68 SPR
→ 6.8(ハイギア)
Revo LTX
→ 7.9(超ハイギア)
カルカッタ コンクエスト 50DC/51DC
→ 6.2(ノーマルギア)
エランMTX
→ 7.3(ハイギア)
アルファス フィネスカスタム
→ 6.8(ハイギア)
スポンサーリンク