「右巻き」と「左巻き」どちらのハンドルを選ぶか?

左ハンドルのSS AIR

ベイトリールには「右巻き用(ライトハンドル)」と「左巻き用(レフトハンドル)」があります。

スピニングリールの場合は、いつでも左右のハンドルを付け替えることができますが、ベイトリールに関しては、あらかじめ「右巻き用」「左巻き用」が決まっています。その為、購入後に左右変更することはできませんので、ベイトリールを購入する際は注意が必要です。

そして、ベイトフィネスリールにおいては、利き手が「右手」の場合、「左ハンドル」がオススメです。

左巻きハンドルのメリット

左ハンドルをすすめる理由は、右手で投げてそのまま持ち替えずに巻き始めることができるから。これなら、ベイトフィネス本来の土俵であるカバー打ちもテンポよく打つことができますし、キャスト直後のバイトにも即座に合わせることができます。

また、ワームなどの繊細なアクションを必要とするルアーを使用する場合、当然、利き手で扱うほうがより正確に操作できるため、右手でロッドを操作する左ハンドルを使う方が有利になります。

右巻きハンドルのメリット

対して「右ハンドル」がオススメな場合は、巻物を中心に使う時。スピナーベイトなどを一定のスピードでゆっくり巻きたい時は、やはり利き手でハンドルを握る方が扱いやすいです。

ただし、ベイトフィネスリールですから、基本的には打ち物を中心にとしたベイトフィネス向けの設計となっています。その為、ギア比が高い機種も多いです。

ハイギア?超ハイギア?ギア比の違い

いくら右ハンドルのリールだからと言っても、ギア比が高くては、少しハンドルを動かすだけで大きくルアーが動いてしまう為、ゆっくり巻くことは難しくなります。

スポンサーリンク